エニシングホワイトの成分について紹介しましょう。

 

エニシングホワイトに配合されている成分はどれも美肌のために効果が期待されるものばかりです。

 

まず、紫根エキス成分です。この紫根という成分は肌の再生に有効だと考えられ、火傷の治療などに使われてきた漢方薬です。エニシングホワイトではアーティチョーク葉エキス、プルーンエキスとともに肌の透明感をアップしてくれる成分です。

 

そのほか、エイジングケアに効果的なカミツレ花エキス、スクワラン、うるおい成分としてコラーゲン、ヒアルロン酸、トレハロースといった成分が使われています。

 

エニシングホワイトの特徴として13種類の天然植物エキスが配合されていることが挙げられます。こうした植物は800種類の中から厳選された成分が独自のバランスで配合されているのです。そして肌に透明感とうるおいを与えるサポートをしてくれる成分となっています。

 

ここでカミツレ花エキスという成分に注目してみましょう。

 

カミツレ花エキスはエイジングの常識を変える成分だと考えられています。皮膚の表皮を組織する角化細胞を作っているのがTA-細胞と呼ばれるものですが、このTA-細胞を老化させない働きをすると考えられるのがカミツレ花エキスなのです。また、角質に含まれる水分の量を失わせず、シワの改善作用があるといった効果も期待できるのです。

 

こうした成分からできているエニシングホワイト。その美容成分は今目に見えていない隠れジミにも働きかけます。何もしなければいずれ肌の表面に現れる隠れジミにもエニシングホワイトで対策をとりましょう。





カテゴリー : エニシングホワイトの概要